落語家桂文福(かつらぶんぶく)が患ったきつ音症とは?その治療法は?「ハートネットTV」

こんにちは~! 本日初投稿のよこです!

このサイトは、ちょっと気になった話を詳しく書かせていただくサイトとなっています(^^)/

気になるあの話だったり、気になるものだったり…なんでも書いていこうと思います!

では今回は、11月14日(20時~20時30分)放送の『ハートネットTV』で

出演される桂文福(かつらぶんぶく)さんが幼いころからきつ音症という疾病にかかっていたことについて書きたいと思います。

桂文福さんのプロフィール

本名:田中 登

生まれ:1953年3月31日

出身:和歌山県那賀郡桃山町(現在は紀の川市)

血液型:B型

所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

http://www.katsurabunbuku.com/profile/profile.html

落語ってかなり言葉を巧みに使う仕事ですよね!

とっさに出すアドリブなど、観客の方の意識を一斉にひっぱらないといけない。

そーいったところでも落語には言葉を発することがとても重要になってきます。

文福さんは、きつ音症という障害を克服しようと思い、落語家になられたそうです。

では、文福さんが幼い頃から発症していたきつ音症とは・・・?一体どんな症状なのか

詳しく書いていこうと思います。

きつ音症の主な症状

きつ音症といっても、様々な種類があります。

3つに分けられる症状が下記の通りです。

連声型

pp_coinrokka-_tp_v

「お、お、お、おはよう」といった感じで最初の1字を連続して発してしまいます。

無音(声)型

ina85_recyoukonndensam_tp_v

「お・・・〇○○」最初の1字を発したあとに、言葉がでてこない症状です。

伸発型

pak86_tounoheturieki_tp_v

「おーーーーはよう」といった感じで最初の1字を長く発してしまう症状です。

このように短い言葉(挨拶等)でもきつ音症の方は上記のような症状がでてしまうということですね。

きつ音症が起きてしまう原因は何か?

pak57_konoatodoushiyoukanato_tp_v

ここでははっきりとした原因がわかっていませんが、あげられるものとして下記の通りです。

脳の機能の違い

きつ音症がない人:会話中は左側の脳が活動

きつ音症の人:会話中は右側の脳が活動 するそうです。

ストレス(日々の環境)

幼い頃に大きなストレスを経験したり、いじめなどもきつ音症が発症してしまう原因になるそうです。おおきくなってからきつ音症になることもあるそうです。

治療法

yagi2151115153_tp_v

きつ音症を自ら治す方法を何個かあげていますが

これは個人によりけりなので、参考程度に見ていただけるといいです。

自分自身での治療

ゆっくりと話す

きつ音症の方は、早く話してしまうことが多く、ゆっくりと話すことできつ音症の症状は軽減されます。その為には日々の会話でゆっくり話すことをトレーニングして習慣的にされるといいですね。

意識をしない

きつ音症だからと意識をしてしまうと、悪循環で余計きつ音症状になってしまいますので、なるべく意識をしないようにしましょう。その為にも、周りの理解が必要となりますので、きつ音症だからと隠さずオープンにして生活できるといいですね。

言葉をメロディ化させる

頭から考えて言葉にするとどうしてもきつ音がでてしまいます。しかし、メロディ化させて言葉を流れるようにして話すと、きつ音は自然となくなっていくそうです。

病院での治療

きつ音症はどの科へいったらいいのだろうと考えてしまいますよね。

一般的にはリハビリテーション科・耳鼻咽喉科で受信されるといいですね。

言語聴覚士による言語治療をしています。

あとは、心療内科・精神内科にあるところもございます。

臨床心理士による精神面での治療をしています。

きつ音症の方々との生活

最近では、きつ音症という言葉も多くなってきていると思いますが、まだまだ勘違いされがちの疾病ですよね。

言葉をスムーズに出せない気持ちはとても辛いところがあります。

治療によっては治せる・克服できる疾病であっても、きつ音症の方に、もう一回言い直させたりするのはよくないそうですよ!

相手の言いたいことを上から被せて話すのも逆効果だそうです(*_*)

まとめ

子供のころに症状として出ていても、自然と治っていくといわれていますが、大人になってからのきつ音症はやはり治療が必要になってくるそうです。

もしも、あれ?なんか当てはまるな?と感じたら、一度受診されることをオススメします。