【初心者さん必見】猫を飼うために気を付けること(室内環境・準備)

本日は、猫ちゃんを飼う方には必ず行ってほしいことを書いていこうと思います!

猫ちゃんを飼うための準備も必要ですが、もうひとつありまして、それは環境です(^◇^)

猫ちゃんは室内飼いが一般的とされていますが、室内で飼うということは色々と気を付けていただくことがあるのです(>_<)

それをまとめてみましたので、こちらも是非参考にしていただけるといいです( `ー´)ノ

お部屋を安全な環境に整える

電気コード

電気コードを噛んだりして感電ややけどをしてしまう可能性があります。必ずコードは専用のカバーで保護をしてください。

観葉植物

猫ちゃんにはよくない観葉植物です。食べてしまって中毒症状を引き起こす恐れがありますので、観葉植物はおかないようにされるのが一番理想です。

台所

猫ちゃんにとって台所の高さは簡単にとべてしまうところですので、刃物は必ずしまい、コンロはフタをするなどしてください。置きっぱなしは絶対ダメです。もちろん食べ残しを置いておくのもだめです。

ごみ箱

蓋つきのごみ箱がいいですね。においに反応してゴミを倒してしまう可能性もあります。あと缶詰のフタや空き缶なども危険なので猫ちゃんが届かない場所に置くか外に置くか色々と工夫されるといいですね。

お風呂場

普段お風呂場のドアを開けっ放しにされている方は猫ちゃんを向かい入れる日からドアは閉めておきましょう。そして二次防止するためにもお風呂のお湯はためておかず抜いて、フタは閉じておくのが理想ですね。

積みもの

不安定な積みものは好奇心旺盛な猫ちゃんにとっては遊び道具としか思っておりません。積みものに飛んでふいにつまづいて落ちてしまう可能性もあります。積みものは極力なくしましょう。もしどうしてもというのなら、ゲージで入れないようにするなり工夫しておきましょう。

窓の開けっ放し(網戸)

網戸にしておくのも成猫ちゃんからだと少々危険です。器用な猫ちゃんは網戸を開けて出て行ってしまうこともありますので・・・( ;∀;)

以上で猫ちゃんが安全に暮らしていける環境づくりでした( *´艸`)

安心・安全チェック

①灰皿・ハサミ(刃物)

危険なものをネコちゃんがのぼれる場所には置かないようにしましょう。

②輪ゴム・小さなゴミは床にないようにきれいにしておきましょう

猫ちゃんってすぐに口にしてしまう特徴(クセ?)があります。飲み込んだりしてしまったら手術で取り除かないといけない場合もあります

③トイレの場所を迎い入れる前に決めておく

猫ちゃんはトイレの場所を数回教えただけですぐに覚えることができます。なので場所はころころ変えないようにしましょう。オススメは洗面所など、静かな場所がいいですね。

④ご飯の場所

こちらもトイレと同様、場所を決めたら変えないようにしてほしいので、迎い入れる前にきめておくといいですね。

安心安全チェックリストも結構重要なことなのでやるには損はないと思います。

意外とやることが多いかもしれませんが、猫ちゃんの危険な状態での生活は絶対やめた方がいいので、これらを参考にされると幸いです!

猫を初めて飼う時に準備するものとは

こんにちは。

今回も猫ちゃんについてのブログを書こうと思います。

今後ちょこちょこ愛猫の写真が混ざりますが寛大なお気持ちで見ていただけると

嬉しいです(;´Д`)(笑)

ではでは、今日は猫ちゃんを飼うと決め、猫ちゃんを向かい入れる準備について

書いていこうと思います。

私が最初に猫ちゃんを迎い入れた時、何をどのようにしたらいいのかも分らず準

備不足で後悔した時も多々ありました。

必要なものすら見分けがつかないぐらいひどいもんでした・・・(;´Д`)

これから猫ちゃんを飼い始めるあなたには万全な体制で猫ちゃんを迎い入れてほ

しいと思い、自分の体験から必要なものをここにまとめてみましたので

是非参考にしてみてくださいね( `ー´)ノ(不安要素が一気に吹き飛ぶと思います!)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

猫を飼い始める時に必ず準備するもの

                                                                                                                                         

トイレとトイレ用砂(トイレシート)

子猫の時はまだトイレを覚えていないため、そこら中でします。我が家の場合は、

やんちゃでそこら中動きまわってはしていましたので、トイレシートをそこら中

敷いていました(笑)

寝るときはダンボールで囲ってトイレシートを敷いていました。

ただ、猫ちゃんはトイレが砂のある場所と認識しているそうなので、子猫の段階で

早めに覚えさせるためにもトイレとトイレ砂は用意しておきましょう。

                                                                                                                                         

フード皿

子猫の時は人が使う小皿で十分かと思います。

成猫になるにつれ、食べる時に力も入りますのでトレイが動かないように、ちょ

っと重いトレイを使われてもいいかもしれませんね。

大きさ・深さ色々あります。

もし余裕があるのであればですが…どれが一番食べやすそうにしているか見てあ

げながら決めていくと猫ちゃんのお食事事情も大変良いものになると思います(^◇^)

                                                                                                                                         

フード

年齢ごとにご飯も変わってきます。

子猫から飼われる場合は、スープ仕立てのウエットフードなんかいいかもしれま

せんね。

1歳までは子猫用をおすすめします。(子猫用のドライフードは少し小さ目で食

べやすいようになっています。)

成猫ちゃんになってくると、味や種類が色々でてきます。

フードに書かれているパッケージに注目して、愛猫ちゃんに合ったものを選ばれ

るといいですね。

                                                                                                                                         

爪とぎ

猫ちゃんは毎度爪とぎをします。まだほんの子猫はあまりしませんが、1歳近く

なると爪とぎをバリバリします。

家具や壁の保護にもなるように爪とぎは何ヵ所に分けておくといいですね。

あとは定期的に爪を切ってあげるのもいいです。

切るのがちょっと不安な方は病院へ連れて行くと切ってくれますよ!(お値段か

かる場合がございますが…)

                                                                                                                                         

ケージ

我が家の猫ちゃん達は何度外へ出て行ったことか・・・(汗)

そのたびに冷や冷やしたものです。室内で飼われている猫ちゃんならなおさらケ

ージはあるにこしたことないです。

                                                                                                                                         

首輪

猫ちゃんが万が一お家から脱走した等 誰かが保護してくれた場合、首輪に自分

の番号など書いてあると、すぐに連絡がつき安心できるので、必ず用意はされて

おくといいですね。

                                                                                                                                         

ブラシ

短毛の猫ちゃんであれば、自分の舌でブラッシング(毛づくろい)して大体は取

れますが、毛の生え変わりの時期だったり、長毛の猫ちゃんは自分ではやりきれ

ないのであると便利です。

子猫からブラッシングをしておく習慣をつけると、成猫になってから逆に気持ち

よさそうにするので、定期的にやる習慣をつけていくといいと思います。

                                                                                                                                         

ベッド

猫ちゃんは1日のほとんどを睡眠で過ごします。愛猫ちゃんに合った大きさのベ

ッドを決めて必ず用意しておきましょう。

猫ちゃんは自分の匂いがついていないと不安になるので、ベッドはなるべるコロ

コロ変えないでおくといいですね。

以上で猫ちゃんを向かい入れるには最低限必要なものをあげてみました。

                                                                                                                                         

おまけ・・・

                                                                                               

あると便利なもの

                                                                                                                                         

キャリーバッグ

意外と用意されていないかもしれませんが、猫ちゃんが出かける必要のある時に

キャリーバッグに入れてすぐに出かけられるので、もっているといいですね。

オススメは中が暗くなるキャリーバッグがいいと思います。

猫ちゃんは狭くて暗いところが落ち着くとろこなので( *´艸`)

                                                                                                                                         

おもちゃ

老猫ちゃんになるまでは猫用おもちゃでかなり遊びます。

ちょっとしたおもちゃでもあると、飼い主さんとのコミュニケーションや猫ちゃ

んの行動に癒されたりするので、あると猫の魅力が倍になりますよ!(笑)

あと、肥満対策にもなるのでオススメです。

                                                                                                                                         

キャットタワー

猫ちゃんは高いところを好みます。キャットタワーは滑り防止など猫ちゃん専用

に作られているので安心です。

置いておくと遊び回れるのでいいかもしれません。

                                                                                                                                         

猫の寿命は飼い主さん次第

猫ちゃんがいかに住みやすくなるかで、これから一緒に居られる時間というもの

は変わってきます。

長く一緒に居たいのは誰だって思う事ですもんね。

猫ちゃんのことをこれから飼う中で色々知っていくとよりよい生活になるかもし

れません。