猫を飼うにはどこからもらい受けるといいか

こんにちは~!!

久しぶりの投稿となりましたが…

突然ですが、我が家では愛猫を3匹飼っていた歴があり、その中の1匹は17年という老猫ちゃんがいました!( `ー´)ノ

その中で、猫ちゃんにとって長く元気で生きていけるようにと

役立つこと

工夫したこと

ちょっとした豆知識

を、ここで書いていこうと思っております!

(あくまでも私目線のブログですので、「ふ~ん、そうなんだぁ~」ぐらいに見ていただきたいです。)

猫と会話ができない分相思相愛になるにはどうしたらいいか…

考えることいっぱいですね( `ー´)ノ

猫ちゃんをまだ飼っていない未来の飼い主様へ

猫ちゃんがほしい!

と、今はいてもたってもいられないほど猫愛に浸っていますよね( *´艸`)フフフ

でも・・・猫はどこから向かい入れたらいいのか?

どこに猫ちゃんはいるのか・・・?

と、疑問に思うことばかりですよね。

様々な場所から考える

ペットショップ

真っ先に思い浮かぶのが、こちらですね。ペットショップの猫ちゃんは、血統書付きです。

生後2週間~の子猫がいます。

ただし子猫ほど値段がとてもお高いです!なんてったって血統書付きですもんね!でもしっかりと健診はされているのでその点では安心できますね。

もし購入されることを考えているのであれば、今後そのショップとの繋がりも増えてくると思うので、信頼できるスタッフさんがいるかしっかりとみられた方がいいかもしれませんね。

動物病院

まれに動物病院で何らかの理由(近所にいた野良猫)で飼っている(診ている)猫ちゃんがいます。

ただし野良猫ちゃんなので成猫ちゃんの場合もみえます。獣医さんが見ているので、検査や病気等は心配しなくて大丈夫だと思います。

動物愛護団体

ほとんどは捨てられしまった野良猫ちゃんや、迷子になってしまった子猫を保護し、里親を探している団体さんです。

成猫ちゃんが多いかもしれません。もらい受けた場合は、ワクチン接種、不妊治療、病気等を聞かれるといいですね。

友人・知人から

母猫がいるのであれば、生後2・3週間までは母猫と一緒に生活されてからもらい受けるといいですね。

生まれたばかりの子猫は免疫力があまりないので母猫から離すのはあまりおすすめできません。

あと数か月たっている猫ちゃんをもらい受けるのであれば、病気の有無、ワクチン接種はされたのか、細かく聞かれた方がいいですね。

野良猫・捨て猫

成猫の猫ちゃんは警戒心が強い子が多いかもしれませんね。

母猫から迷子になってしまい、子猫が1匹うろうろしているところを偶然保護したという方が多いかもしれません。

もし猫ちゃんを保護したのであれば、すぐさま動物病院へ行き、健康診断をした方がいいですね。生後大体どれぐらいたっているのかも把握しておきましょう。

向かい入れる方法として以上の場所をざっくりとあげてみましたが、どこから猫を向かい入れるかはあなたと未来の猫ちゃん次第です。

立ち止まって考えてみましょう

冷静に考えてほしいことがあります。

しっかりと最後まで飼える環境であるのか。

実は、毎年殺処分される猫ちゃんの数は約20万匹と言われています。

捨てられてしまった猫ちゃんや飼いきれなくて途中で飼い主さんが放棄(捨てる)してしまった猫ちゃんがいるのも、悲しいですが 現状です。

猫ちゃんの平均寿命は長くて20年と言われています。20年間一緒に暮らすことが前提ですからね(>_<)もはやペットというより家族と考えてほしいです。

もし一人暮らしで飼おうか検討されている方は、純血種の猫ちゃんを探されて、自分のライフスタイルに合った性格の猫ちゃんを探されてもいいかもしれませんね。

甘えたがりな猫ちゃんもいれば、抱っこ拒否する猫ちゃんもいます。(人と同じで性格はバラバラです)

余裕があるのなら、多頭飼いで猫ちゃんが寂しくならないか、などの心配は減りますのでいいかもしれません。ただし、めちゃくちゃ大変ですが・・・(;´Д`)

なんにせよ、飼うにはゆっくりじっくり考えられてから決断してほしいです(‘ω’)ノ

あなたと猫ちゃんの運命の出会いがあるのを心から願っております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする